このブログについて

うさぎのボディランゲージ

うさぎのボディランゲージ

うさぎさんのしぐさをよく観察していると、そのときの機嫌や体調などがわかります。毎日接していく中で徐々にわかるようになるものですが、できれば初めからある程度知っておいた方が安心ですよね。

うさぎさんの気持ちを察してあげられれば、ストレスが減ったり、飼い主とのコミュニケーションを楽しむこともできるかもしれません。

今回は、うさぎさんのボディランゲージについて紹介します。

うさぎは ボディランゲージ ( しぐさ )で気持ちを表します

うさぎ/うさぎのボディランゲージ

静かでおとなしいうさぎさん。ペットとしては飼いやすいけど、どうやって気持ちを理解してあげたらいいんでしょう?

うさぎは気持ちを次のようなボディランゲージで表しています。

機嫌がいいときのボディランゲージ

うさぎのしっぽ/うさぎのボディランゲージ

うさぎさんは興奮しているときにしっぽを振るようです。イヌのようにしっぽで感情表現するわけではありませんが、中には機嫌がいいときにしっぽを振るうさぎさんもいるそう。ただし、個体差があるので注意が必要です。

また、集中してにおいを嗅いでいるときにしっぽを振ることもあるので、そのようなときはそっとしておいてあげましょう。誰だって集中しているときに、ちょっかいを出されたらいい気分はしないですよね。

うさぎさんがびっくりして、ときにはおしっこをかけられてしまうこともあるので、うさぎさんがしっぽをフリフリしているときは、そっと見守ってあげましょう。

機嫌がいいときは、その場でジャンプすることもあります。体をねじって左右にジャンプするときはご機嫌な証拠です。

ねじりとびはポポロの得意技だね~!

なこと

かまってほしいときのボディランゲージ

ごはん中のうさぎ/うさぎのボディランゲージ

うさぎさんが飼い主さんの手をなめたり、お鼻でツンツンとするようなときは、甘えたいモードのときです。うさぎさんはかまってほしいときに人の手や指をなめます。

その他、飼い主の足をつっついたり、ぐるぐる回ったりして遊びたい気持ちをアピールしてくれますよ。

ポポロ

遊んであそんで~♪

リラックスモードのときのボディランゲージ

寝そべるうさぎ/うさぎのボディランゲージ

お腹をぺったりと床につけ、足を投げ出して寝ている姿はうさぎさんのリラックスモード。耳を伏せて目を細めて、うとうと寝ているときは特にリラックスしています。

ときには仰向けになって寝たり、大きなあくびや伸びを見ることもできます。

ポポロは基本的に目を閉じて寝るよね。お腹も見せるし、おじさんみたい(笑)

なこと

ポポロ

ぼくももう50代だからねえ・・・ってちっがーう!!

何か不満があるときのボディランゲージ

うさぎ/うさぎのボディランゲージ

うさぎさんが不満を感じているとき、有名な行動が足ダンといわれる足をダンダンと踏み鳴らすしぐさです。

野生のうさぎの場合は、仲間に危険を知らせるための行動で「スタンピング」といわれます。ペットのうさぎさんの場合、スタンピングは不満を表しています。何かが気に入らないんです。

聞きなれない音や匂いがするとき、自分の思い通りにならないときにスタンピングをします。注意をひこうとしているんですが、反応を示さなければ次第にやらなくなるようです。

ポポロ

ぼくはみんなが寝る前の静かになったときに足ダンすることが多いよ(笑)

警戒中のときのボディランゲージ

うさぎ/うさぎのボディランゲージ

うさぎさんが警戒しているときは、後ろ足で立ってピンと耳を立てます。うさぎの聴力はとても優れているので、後ろ足で立って周囲を見渡し耳を立てているときは、何かを警戒している合図です。

また、しっぽを上げているときも警戒しています。野生のうさぎはしっぽの裏側の白い部分を見せることが、仲間に危険を知らせるサインになります。

うさぎって本能が次々と行動に表れるんだね~

なこと

うさぎのボディランゲージまとめ

うさぎはおとなしい分、普段の行動や、ささいなしぐさにも飼い主が気づいてあげることが大切です。よく観察していつもと違う点があれば、病気の早期発見や予防にも繋がります。

また、愛するうさぎさんとボディランゲージを通してコミュニケーションをとることができれば、うさぎさんとの時間ももっと楽しいものになるはずです。

他にもたくさんの行動が見られるので、そちらについてはまた次の機会に紹介したいと思います。