このブログについて

ジャージーウーリーの色と特徴

ジャージーウーリーの色と特徴

長い毛に覆われ愛らしいルックスで人気の「ジャージーウーリー」

「ジャージーウーリー」は性格もおとなしく抱っこやお手入れがしやすいです。

今回はうさ飼い初心者さんにもオススメの「ジャージーウーリー」についてご紹介します。

ジャージーウーリーの特徴と性質

ジャージーウーリーの基本データです。

ジャージーウーリー

原産国:アメリカ

体長:25cm程度

体重:1.3~1.6kg程度

タイプ:小型種、長毛、立ち耳

色:カラーバリエーションが充実している

ジャージーウーリーの特徴は長毛種で手触りがよく、性格もおとなしい個体が多いところです。1980年代にシルバーマーチンとネザーランドドワーフから誕生した比較的新しい品種です。

ブリーダーの出身地がアメリカのニュージャージー州だったことから、ジャージーウーリーという名前になったそうですよ。

ジャージーウーリーはとてもおとなしい性格でお手入れや抱っこがしやすい子が多いので初めてうさぎを飼う人にもおすすめの品種です。

グルーミングの際に抵抗することがないので爪切りなどもしやすく、スキンシップを楽しめるため人気があります。

ジャージーウーリーってかわいいけど、毛が長いからお手入れしにくいのかと思ってたよ!

なこと

ポポロ

ある意味ぼくの方が性格的にグルーミングしにくいのかも・・・?(笑)

ジャージーウーリーの色

ジャージーウーリーも色のバリエーションは豊富な方です。セルフ、シェイデッド、ブロークンなど充実しています。

それぞれの種類ごとに説明していきますね。

ARBA未公認カラー(申請中)

「ARBA未公認カラー」の代表的な色の種類をご紹介します。

MEMO
  • オレンジ

ジャージーウーリーのオレンジは珍しいものではありませんが、現時点ではARBAへ申請中の未公認カラーです。

ARBA未公認カラーとは
ペットのうさぎの中には未公認のカラーのもあります。未公認だからといって何か問題があるわけではありませんが、各品種のカラーは、ARBAの公認を受けた上で正式なカラーとして認められます。

オレンジは明るい毛色で人気があります。ジャージーウーリーはシックなカラーが多いイメージですが、オレンジもよく好まれます。

早く公認カラーにならないかな~?

なこと

セルフ

ジャージーウーリー/セルフ

「セルフ」の代表的な色の種類をご紹介します。

MEMO
  • ブルー
  • ブラック

ブルーは濃いグレー(ダークグレー)の毛色をしています。アンダーカラーはスレートブルーです。

目の色はブルーグレーです。

ブラックは全身を覆う毛がブラックでアンダーカラーはダークグレーです。

目の色はブラウンです。

セルフは他に、チョコレート、ライラック、ルビーアイドホワイト、ブルーアイドホワイトなどのカラーもあります。

シックで素敵だよね~♪

なこと

ブロークン

「ブロークン」の代表的な色の種類をご紹介します。

MEMO
  • ブロークントータスシェル

ブロークントータスシェルは茶色いぶちのトータスシェルカラーが特徴です。目の周り、耳の先は茶色でかわいらしいです。

目の色はブラウンです。

ブロークンは白い毛をベースにポイントで別のカラーが入っています。

目元とぶち模様がとってもかわいいね^^

なこと

アグーチ

「アグーチ」の代表的な色の種類をご紹介します。

MEMO
  • チェスナット

チェスナットは茶色系のカラーでまとめられた毛色です。こげ茶、ベージュなどの茶色が混ざったような美しい色をしています。

目の色はブラウンです。

毛色の濃淡が楽しめるのがアグーチです。

微妙な色合いの毛色がなんともいえない~

なこと

ジャージーウーリーまとめ

ジャージーウーリーはとても飼いやすい性格をしていて色の種類もたくさんあるので人気があります。

自己主張をしないかわりに自ら甘えてくることもほとんどないので、飼い主の方でしっかりと気持ちを察してお世話してあげることが大切です。

ジャージーウーリーは長毛のわりに絡みにくい毛質なので、うさ飼い初心者の方にもおすすめです。