このブログについて

うさぎのブラッシングのやり方

うさぎのブラッシングのやり方

うさぎは春と秋に換毛期があり抜け毛が多くなります。そのためうさぎのブラッシングはとても大切です。ところが、室内で暮らしているうさぎは換毛期がはっきりしなかったり、年中換毛したりすることも。

そんなうさぎの健康管理のためには、日頃からブラッシングをしてあげるようにしましょう。

ポポロも一年中換毛を繰り返してるよね。新しい毛が生えたな~と思ったら、すぐまた抜けていくっていう・・・

なこと

ポポロ

エアコンで過ごしてると換毛期って何?って感じかも

そこで今回は、うさぎのブラッシングのやり方とブラッシングに使う便利なグッズをご紹介します。

うさぎケージの掃除方法

うさぎのブラッシングは健康維持に必要

うさぎのブラッシングは健康維持に必要

うさぎは一度飲み込んだものを吐くことができません。抜け毛が多いと毛づくろいをした毛を飲みこんでしまって毛球症(もうきゅうしょう)という病気になる心配があります。また、被毛を美しく保つためにもブラッシングは欠かせません。

うさぎのブラッシング頻度は週に1回程度を目安にしましょう。

ポポロ

ぼくも毛球症になったことがあって、一時期ごはんが食べられなくなったよ・・・(>_<)
あのときはうずくまって大変だったよね。今はそうならないように、かなり気をつけています!

なこと

うさぎのブラッシングはコミュニケーションにもなりますし、全身をさわることで病気の早期発見にもつながります。

うさぎのブラッシングに使うグッズ(短毛種)

うさぎのブラッシングに使うグッズ(短毛種)

ブラッシングを行うときは、ウサギ専用か小動物専用のブラッシンググッズを用意します。毛のタイプによって使う道具が一部異なります。

短毛種の場合は両目ぐしというコームなどを使います。

豚毛ブラシ

ブラッシングするときのベースとして使います。

スリッカーブラシ

毛並みを整えるときに使います。先端に玉がついた皮膚にやさしいタイプのものを選びましょう。

ラバーブラシ

軽くとかすだけで抜け毛を効果的にとることができます。つやを出したりマッサージするときにも重宝します。

グルーミングスプレー

汚れを浮かせてキレイにしたり、毛が舞い散るのを防いでくれる効果があります。

うさぎのブラッシングに使うグッズ(長毛種)

うさぎのブラッシングに使うグッズ(長毛種)

うさぎのブラッシンググッズは毛のタイプに合わせたものを選びましょう。

長毛種の場合は、スリッカーブラシやピンの長めなブラシなどを使います。

スリッカーブラシ

毛並みを整えるときに使います。先端に玉がついた皮膚にやさしいタイプのものを選びましょう。

両目ぐし(コーム)

毛の奥の皮膚汚れを落としてくれます。

ラバーブラシ

軽くとかすだけで抜け毛を効果的にとることができます。つやを出したりマッサージするときにも重宝します。

グルーミングスプレー

汚れを浮かせてキレイにしたり、毛が舞い散るのを防いでくれる効果があります。

静電気防止スプレー

乾燥が気になる冬場に役立ちます。保湿効果で毛並みが美しくなります。

うさぎのブラッシングのやり方

うさぎのブラッシングのやり方

ブラッシングはやさしく声をかけながら行いましょう。終わったらごほうびがあると喜びます。

思春期を迎えたうさぎは縄張りでブラッシングするのを避けましょう。ケージから離れた特定の場所(イスなど)に決めて行います。

抜け毛対策としてマスクとエプロンを身に着けるとアレルギー対策にもなります。服装は長袖がおすすめです。初めはハンドグルーミングから慣らしましょう。また1回のグルーミングにかける時間は10分程度にします。

ハンドグルーミングのやり方

手順1
手にグルーミングスプレーをつける
うさぎをひざに抱っこして行います
手順2
全身になじませて抜け毛をとる
毛をかき分けて抜け毛をとります。
手順3
手についた抜け毛をこすって取ります
丸めて捨てると部屋に抜け毛が舞い散ることなく済みます
 
抱っこができないときは?

うさぎが抱っこに慣れていないときや嫌がるときは、床に座ってうさぎの前足をひざの上に乗せて行いましょう。

短毛種の場合

短毛種のうさぎのブラッシングのやり方

手順1
グルーミングスプレーをかけてなじませる
毛の根元までよくもみこみます。スプレーは両手にかけてから使ってもOKです。
手順2
ハンドグルーミングを行う
何度か繰り返します。
手順3
ラバーブラシで浮いた毛を取る
毛の流れに沿って抜け毛を取ります。
手順4
スリッカーブラシで抜け毛をかき取る
ブラシの先が皮膚に触れないように気をつけます。毛玉は無理に引っ張らないようにします。
手順5
豚毛ブラシ・小動物専用ブラシでブラッシングする
毛の流れに沿ってブラシをかけます。おなかはブラッシングしなくてOKです

長毛種の場合

長毛種のうさぎのブラッシングのやり方

手順1
静電気防止スプレーをかけてなじませる
事前に毛玉をほぐしておくとブラッシングしやすくなります
手順2
両目ぐしをかける
片手で皮膚をおさえるようにしてくしをかけます。
手順3
スリッカーブラシで抜け毛を取る
再度グルーミングスプレーをかけてスリッカーブラシを使い、毛をかき取ります。
手順4
顔の毛を取静電気防止スプレーをかける
顔の毛は指で取ってあげます。反対の手で毛の根元をおさえて取るのがポイントです。仕上げに静電気防止スプレーをかけます。
毛が乾いてきたら

うさぎの被毛が乾いてきたら再度グルーミングスプレーをかけます。量を調整したいときは自分の手につけてからなじませるといいでしょう。

首の付け根、耳の付け根、脇、しっぽ周り、股などは毛が絡みやすくなっています。もつれがひどいときは無理にブラッシングせずハサミでカットしましょう。

うさぎのブラッシングのやり方まとめ

うさぎのブラッシングは、コミュニケーションが大切になります。事前にブラッシングのやり方を頭に入れておくとやりやすいでしょう。

週に1度のブラッシングタイムを作ってうさぎとのふれあいタイムを楽しんでくださいね♪

うさぎの爪切りと目や耳のお手入れ